残業を減らすために行った3つの方法を公開【明日から定時に帰るコツ】

マノアキラ(@AkiraMano)です。
サラリーマン時代は、残業ゼロで働いていました。

「残業を減らすためのコツを知りたい」
「残業を減らして定時で帰りたい」

今回は、こんな悩みを解決する内容です。

この記事を読むことで、残業を減らして定時で帰るコツがわかります

なぜなら、僕はこの記事で解説する「残業を減らすために行った3つの方法」を実践することで、入社時に毎日2時間以上あった残業をゼロにすることができたからです。

残業を減らして、ストレスのない働き方をしていきましょう。

本記事の内容
残業を減らすために行った3つの方法
残業を減らすことができない場合の対処法

残業を減らすために行った3つの方法

残業を減らす方法

僕がサラリーマン時代に残業を減らすため行った取り組みは、以下の3つです。

  1. 無駄な時間をゼロにする
  2. 自分ではなくてもいい作業はやらない
  3. 作業を効率化して時間を短縮

それぞれ解説していきます。

無駄な時間をゼロにする

まず、無駄な時間をゼロにすることを意識しましょう。

残業をしているサラリーマンの多くは、仕事中に無駄な時間を過ごしています。

 ボーッとする時間は無駄

例えば、何かパソコンでデータを読み込んでいる間などに、ボーっとしてはいませんか?

ボーっとしている間に何か他の作業をすれば、それだけ残業する時間を減らすことができますよ。

休憩時間はしっかり休む

無駄な時間をゼロにするといっても、休憩時間を利用して仕事をするのはやめましょう

休憩時間に仕事をすると生産性は著しく下がりますし、そもそも報酬の出ない時間に働くのはサービス残業と同じになります。

例えば、サラリーマン時代の僕の休憩時間のは過ごし方以下の通りです。

  • 食事:20分
  • 自由時間:20分
  • 昼寝:20分

特に、昼寝を取り入れるのはおすすめです。
眠くなることを防ぎ、午後からの作業をスッキリした状態ですることができます。

休憩時間は、午後からの作業を効率的にする準備をしましょう。

必要のないことはやらない

必要のないことはやめましょう。
「必要ない=無駄」だからです。

 タスクの優先順位を確認

例えば、明日やればいいことは、とりあえず本日のタスクから外しておきましょう。

今日やらなばいけないことを優先し、それが終わった場合に取り組めば大丈夫です。

必要のないことをやる分だけ、残業する時間が増えてしまいます。

自分ではなくてもいい作業はやらない

自分ではなくてもいい作業は、やらないことを心がけましょう。

1人でできる作業には限界があるので、自分だけでは多くの仕事をこなすことはできません。

 自分ばかり動く人は仕事が下手

何でもかんでも自分で作業をして残業になってしまうのは、仕事のやり方が下手な証拠です。

自分は何を優先的にするべきかを考えてみるのが大切です。

人を使って自分の負担を減らす

結論、誰でもできるような作業は人を使いましょう

人をうまく使うことで、自分に必要な作業だけを行えばいいからです。

 単純作業はやらない

例えば、書類のコピーや数値入力などの単純作業は、部下やパートを使って自分の負担を減らしてみてください。

負担が減ればその分の時間を減らすことができますので、残業の必要も無くなります。

自分にしかできない作業だけをすると成果が上がる

人を使って自分にしかできない作業をすると、結果として成果を上げることができます

無駄な時間がなくなり、結果を出す作業に集中できるからです。

 仕事のできる人は人の使い方がうまい

例えば、売上をUPするための戦略を練ったり、部下やパートの適切な使い方を考えてみてください。

仕事んできる人は適切な戦略に、適切な人材を当てはまるのが上手です。

作業を効率化して時間を短縮

作業を効率化して、時間の短縮をできないかを考えてみましょう。

残業をしている人は、作業の効率できていない場合が多いです。

 毎日同じ作業をするのは無駄

例えば、毎日繰り返し同じ作業をしていることはありませんか?

繰り返しの同じ作業を効率化することで、毎日残業する時間を減らすことができるようになります。

ツールを使って効率化

ツールを使ってできることは、ツールに任せて時間を短縮しましょう。

機械にできることを、人間が必要はありません。

 数値管理は機械に任せる

例えば、Excelや会計ソフトを使って、数値管理は機械に任せることです。

数値管理は人間が計算すると間違える場合もありますし、機械の方が圧倒的に早いですよ。

整理整頓をする

作業を効率化するには、整理整頓が大切です。

ものを探している時間は非常に無意味で、何も生み出すことはないからです。

 ビジネスマンは年間150時間も探し物をしている

驚きの事実ですが、ビジネスマンは年間150時間も探し物をして時間を消費しています。

整理整頓をすることでこの無駄な時間を省くことができ、残業を減らすことが可能です。

  1. 無駄な時間をゼロにする
  2. 自分ではなくてもいい作業はやらない
  3. 作業を効率化して時間を短縮

それでも残業を減らすことができない場合の対処法

残業を減らす方法

とはいえ、「残業を減らすために行った3つの方法」を実践しても、残業がなくならない場合があるもしれません。

その場合は、潔く転職しましょう。

そもそも与えられている仕事量が多すぎて、残業せざるを得ない状況になっているからです。

 自分が行動して環境を変える

転職して環境を変えることで、残業のない仕事に就くこともできます。

会社が原因で残業がある場合には、自分で行動して変えていくことが必要です。

残業が当たり前な会社はおかしい

残業が当たり前になっている会社からは、なるべく早めに転職をしましょう

その会社で働き続けることは、ずっと残業で消耗していくキャリアとなってしまいます。

 基本的に1日8時間の仕事を与えるのが原則

労働基準法には、以下のように記してあります。

使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。

(引用元:厚生労働省

つまり、毎日のように残業が当たり前な会社は労働基準法を無視しているので、少しおかしいですね。

残業で失う時間は膨大

「残業してでも今の会社で働き続ける」というのもいいですが、膨大な時間を失うことを心得ておきましょう。

月20日勤務の人が残業によって年間で失う時間は、以下の通りです。

  • 毎日1時間残業 → 240時間(丸10日)
  • 毎日2時間残業 → 480時間(丸20日)
  • 毎日3時間残業 → 720時間(丸1ヶ月)

例えば、この時間で何をできるかを考えてみてください。

毎日数時間の残業でも、失う時間は膨大です。

 残業代よりも時間が大切

しかし、「残業代がもらえるなら良くない?」という意見もあるでしょう。

気持ちはわかりますが、残業代よりも時間の方が大切です。

なぜなら、残業代以上のものを得ることができるからです。

  • 副業をして残業代以上に稼ぐ
  • 将来役に立つスキルを身につける
  • お金では変えないものを得ることができる

例えば、上記の通りです。

残業をして時間も消費するのは、将来的に考えればデメリットになりますよ。

転職するなら転職エージェントを利用

もし、残業を減らすことができなくて転職を決意するなら、転職エージェントを利用しましょう

完全無料で利用することができ、サポート体制も充実しています。

 自分に合った仕事で残業のストレス軽減

転職エージェントでは、面談を行う中で自分に合った仕事を紹介してくれます。

非公開求人も多数揃えていますので、残業のない仕事を見つけてストレスなく働いていきましょう。

おすすめの転職エージェント5選と使うべき理由【完全無料】

まとめ:残業を減らすのは工夫次第で可能

残業を減らす方法

残業を減らすために行った3つの方法」について解説しました。

毎日の残業にお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

繰り返しですが、残業を減らすために行った3つの方法は以下になります。

  1. 無駄な時間をゼロにする
  2. 自分ではなくてもいい作業はやらない
  3. 作業を効率化して時間を短縮

残業を減らすことは、工夫次第で可能です。

しかし、そもそも与えられている仕事量が多すぎる場合、残業を減らすことができないかもしれません。

その場合の対処法は、潔く転職です。

  • 毎日1時間残業 → 年間240時間(丸10日)
  • 毎日2時間残業 → 年間480時間(丸20日)
  • 毎日3時間残業 → 年間720時間(丸1ヶ月)

残業による時間の消失は、膨大であることを理解しておきましょう。

この記事が、残業で悩む人の手助けになれば幸いです。

おすすめの転職エージェント5選と使うべき理由【完全無料】

残業ゼロを実現した僕が残業の悩みやストレスを全12記事で解消